過去の記事

平成27年度 体育祭

 

平成27年6月20日 曇り空の下、開催されました。

 

 

高33回生卒業生同窓会のお知らせ

33回(1981年3月)卒業生は昨年で卒業33年を迎えました。

33年(プラス1年)ぶりの再会を期して、卒業後初めての同窓会を開催したいと思います。

お忙しいこととは存じますが、ぜひご出席くださいますようお願い申し上げます。

1.日時 7月11日(土) 午後1時~午後3時  正午 受付開始

2.場所 加古川プラザホテル

   加古川市加古川町溝之口527 079-421-8877

3.会費 8,000円

 

年次幹事 新濱大平 沢田(旧姓宮井)裕美子

加古川東高校33回生同窓会実行委員会

事務局 藤本勝也・池澤文隆

〒675-0066 加古川市加古川町寺家町356-2ライオン屋本店内

お問い合わせは、藤本(fujimoto@jiji.co.jp・FAX 050-3730-5474)

                    池澤 (TEL 079-422-2338) まで

 

文化部発表会

平成27年5月1日 9:20 ~ 14:45

 

恒例の粟津町内会作品展

 

晴天に恵まれて開催されました。

 

創立90周年記念式典・祝賀会開催

10月25日(土)
記念式典および記念講演:9:30~11:30、母校体育館
祝賀会:12:30~14:30、加古川プラザホテル
祝賀会参加者:160余名(来賓を含む)

涼やかな秋空の下、母校の創立90周年を祝う記念式典および記念講演、午後からは会場を移して祝賀会が盛大に開かれました。
記念講演は、講師に山梨大学教授でクリーンエネルギー研究センター長をされている内田裕之氏(高25回)をお招きし、「クリーンな社会と燃料電池~研究の最前線~」と題してお話しいただきました。

※なお、この記事は午後の祝賀会の模様を中心に作成しています。

・母校グラウンド北側に掲げられた90周年を祝う横断幕

・後援会長より校長への目録贈呈

・応援団の力強い演舞

・主催者代表と来賓による鏡開き

・赤穂由美子さん(フルート)と山本千紗さん(ピアノ)によるミニコンサート

・母校の歩みDVD放映

・バリトン歌手,藤村匡人さんをリードボーカルに迎えての校歌斉唱

10年後の100周年の際には、より多くの皆様とともに祝いたいと考えています。

総会2014「清き流れ ~90年の絆~」、開催

8月3日(日)、加古川プラザホテルにて開催
参加者:203名(来賓を含む)

○プログラム概要
・支部長懇談会 10:30~11:30
・第一部 総会 12:00~12:30
・第二部 演奏 12:30~13:00
・第三部 懇親会 13:00~15:00
☆同時開催:清流美術展(8/2 11:00~8/3 16:00)

第二部には母校の邦楽部が登場し、参加者一同、癒しの演奏に聴き惚れていました。

雨が降ったりやんだりの生憎の天候でしたが、多数の参加者で盛り上がり、順調な進行で終えることができました。

・会場の様子

・山口会長挨拶

・安本校長挨拶

・邦楽部による演奏

・新入会員(高66)へ記念品贈呈 (出席者5名)

・お楽しみ抽選会(今年はやはりこれでしょう! 坂田てるひめちゃん(高35))

・冨田さん(高41)のピアノ演奏、竹内さん(高14)の指揮で、校歌斉唱

◎会場別室では、2年に1回の清流美術展も同時開催されました。

稲美支部総会2014

第26回清流会稲美支部総会が7月6日(日)午前10時より
稲美町コミュニティーセンターにて開催されました。
講演は、繁田喜彦氏(高28)により、「糀屋の仕事-家業を継いで」という
テーマで行われました。
母校から藤田事務長・谷校内幹事、
本部からは土屋副会長、鹿間副会長が出席しました。
約75名ご参加者のもと、様々な世代間で地域の同窓の絆が深まるのを
実感できるすばらしいひとときでした。

支部長ご挨拶

土屋副会長ご挨拶

藤田事務長ご挨拶

    

2014 体育祭

  

清流会長杯リレー、優勝チームに山口会長から賞状とトロフィーが渡されました。

 

職員歓送迎会

4月9日18:30から加古川プラザホテルにおいて職員の歓送迎会がありました。

本部からは、山口会長はじめ、土屋副会長、大西副会長、吉田副会長、鹿間副会長、細川副会長が出席しました。

離任される先生方は常陰校長、桂先生、上月先生、川勝先生、河野先生、野島先生、森鼻先生です。

乾杯は山口会長

2014姫路支部総会

姫路清流会総会は、2月28日(金)18:30から、姫路みゆき通りの“おもてなしダイニング福亭”において開催いたしました。
清流会本部から山口会長、土屋副会長、母校から芦谷教頭先生、校内幹事の谷先生がご出席くださり、参加者総勢33名で、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
定刻、会長の大橋から「今回の参加者は33名と昨年を若干下回った。月末の金曜日という設定に問題があったと若干悔やんでいるが、いつもの親しみ深い仲間が揃っているので、今宵ひと時、おいしいお酒をいただき、楽しい語らいをしたい。」と開会を宣言し、山口清流会会長のご挨拶、芦谷教頭先生の母校近況ご報告の後、総会会務(会計等)を報告し、懇親会に移りました。
懇親会は参加者最高齢の藤井英夫氏(高校2回)の乾杯ご発声で始まりましたが、たちまち、あちらこちらに話の輪が出来て盛り上がり、恒例の“1分間スピーチ”の入り込む余地無く、あっという間に所定の時間が楽しく過ぎ、校歌斉唱、記念撮影をし、終了しました。

初めての42回生同窓会を開催しました

「キーン!コーン!カーン!コーン!」
新春1月3日13時。加古川プラザホテルにチャイムが鳴り響く。続いて「起立!礼!着席!」田中節子先生の号令で、会場は24年前にタイムスリップした。

平成2年3月に卒業して以来初めてとなった42回生同窓会。
参加者は125名(信原先生、河村先生、公森先生、福田先生、山田先生、田中先生、水野先生、小林先生含む)。
体育祭の団色(白、黄、緑、紫、赤、青)に彩られた名札と次第を手に着席。
山田拓史先生による乾杯の後は歓談の渦。同級生紹介コーナーでは、テニスやバスケの部活仲間、海外赴任中の同級生らが壇上へ。
司会・松永愛弓さん(彼女も42回生)による絶妙のインタビュー。最後は全員で集合写真と校歌斉唱を。

12クラスの大所帯で在校時代は面識のなかった同級生同士も同窓会を通じて打ち解けることができた。42回生フェイスブックページに、どうぞアクセスを。
https://www.facebook.com/groups/172408162942786/

準備の途上、清流会事務局には大変お世話になり、ありがとうございました。
(42回生同窓会実行委員会 福田知弘)