過去の記事

百周年記念事業

母校は2024年に創立100周年を迎えます。

「同窓会館の新築」を記念事業のメインとします。(下は新築イメージ)

  

現在の清流館は1974年の建築で、築47年が経過し床、壁、水回り等の老朽化が目立ちます。

一方、母校は現在SSH指定校、STEAM教育実践校として、全国から視察が相次ぐにもかかわら

ずその成果を発表できる空間がなく、体育館を利用したり市民会館等公的施設を借りねばならない

状況です。

新築する同窓会館は、その課題解消のため1学年(約300名)が一堂に会する大ホールを備える

予定です。

費用は、土地・建物合わせて3億円を計上し、広く寄付を募る予定です。